HOME > 研究業績 > 各種学術活動等(2016年)

各種学術活動等 (2016年)

Elsevier「Encyclopedia of Immunobiology」刊行

編集:宮坂昌之(計画班員)ほか
執筆:宮坂昌之(計画班員)、梅本英司(計画班員)、早坂晴子(計画班員)

Springer「Chronic Inflammation」刊行

編集:宮坂昌之(計画班員)ほか
執筆:宮坂昌之(計画班員)、梅本英司(計画班員)「The role of lysophospholipids in immune cell trafficking and inflammation.」

脳心血管抗加齢研究会2016 (2016年12月17〜18日)

招待講演
 濱崎 洋子(公募班員)「胸腺退縮に伴うT細胞の加齢変化とその意義」

NCI Thymus Symposium(2016年12月9日)

招待講演
 高濱 洋介(領域代表)「How the thymic medulla attracts thymocytes for the establishment of self-tolerance」

第45回日本免疫学会学術集会(2016年12月5日〜7日)

International Immunologyランチョンセミナー
講演

 宮坂 昌之(計画班員)「カバーレター・レスポンスレターの重要性など」

Springer「Synthetic Immunology」刊行

編集:渡邊武(計画班員)、瑙洋介(領域代表)

第40回日本リンパ学会総会 (2016年6月24日)

教育講演
 宮坂 昌之(計画班員)「免疫細胞の動態を規定する微小環境」

Swiss-Kyoto Joint symposium “Understanding the Cellular and Molecular Mechanisms of the Robustness and Plasticity of Life”(2016年6月13日)

講演
 濱崎 洋子(公募班員)「Medullary thymic epithelial stem cells maintain a functional thymus to ensure lifelong central T cell tolerance」

The Scandinavian Society for Immunology 2016 Summer School "Recent breakthroughs in immunology - emerging new concepts, approaches and methods" (2016年5月10日) (Turku, Finland)

招待講演
 宮坂 昌之(計画班員)「Emerging Approaches in Leukocyte Trafficking」

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(2016年4月1日〜2017年3月31日)

領域アドバイザー
 宮坂 昌之(計画班員)「炎症の慢性化機構の解明と制御」研究領域

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)革新的先端研究開発支援事業ユニットタイプ(AMED-CREST)(2016年4月1日〜2017年3月31日)

プログラムスーパーバイザー(研究開発総括)
 宮坂 昌之(計画班員)「炎症の慢性化機構の解明と制御に向けた基盤技術の創出」研究領域

第89回日本細菌学会総会(2016年3月23〜25日)

招待講演
 茂呂 和世(公募班員)「IFNs and IL-27 regulate type 2 innate lymphoid cells」

13th FIMSA Advanced Immunology Course (2016年3月17〜19日)

招待講演
 高濱 洋介(領域代表)「T cell development and selection in the thymus」

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)革新的先端研究開発支援事業(2016年2月2日〜2016年3月31日)

領域評価委員
 宮坂 昌之(計画班員)「アレルギー疾患・自己免疫疾患などの発症機構と治療技術」研究開発領域

第34回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会(2016年2月4〜6日)

招待講演
 茂呂和世(公募班員)「Group 2 Innate lymphoid cell: アレルギー性疾患の新しいターゲット」