月別アーカイブ: 2014年7月

高浜洋介

 

JSI summer school

日本免疫学会が主催している「免疫サマースクール」は今年で16回目、安友康二教授のオーガナイズにより小豆島での開催であった。講師としてお招きいただき、ちょうど英国出張と重ならない本日だけ参加という形態でもよいならと引き受けた。100人を超える参加者があり、たくさんの質問のでる活発な会の模様であった。それに触発されて、私もつい講演に力が入った。それに触発された参加者がひとりでもおられたなら嬉しい。

IMG_20140731_104554

当ページは班員、班友を中心としたコミュニケーションサイトです。
記事の投稿、コメントは事前登録が必要です。
登録に関しては 領域代表者 までご連絡ください。

高浜洋介

 

NHKスペシャル

7月27日放映のNHKスペシャル「STAP細胞 不正の真相」に出演しコメント発言する機会があった。ちょうど放映日が海外出張中にて、オンタイムで見ることはできなかったが、NHK総合テレビの情報発信力はさすがに大きく、何年ぶりだろうと思う方を含め、何人もの知人から「放送を見た」との連絡をいただいた。

20140727NHKspecial3

放送内容については帰国後ゆっくり見てみることにするが、STAP細胞が報告された直後は「たいへん大きな発見だ」と心躍ったし、それが研究不正によるデタラメの産物であり論文取り下げに至った顛末には「我が国の科学技術の危機だ」と心を痛めた本件については(本ブログにも記載)、キチンとした(もちろん節度ある)真相解明が求められる。

20140727NHKspecial1

この番組は、来る7月31日(木)午前0時40分から(30日深夜)に再放送されるとのことである。

当ページは班員、班友を中心としたコミュニケーションサイトです。
記事の投稿、コメントは事前登録が必要です。
登録に関しては 領域代表者 までご連絡ください。

高浜洋介

 

Birmingham大学

共同研究うちあわせにて、イギリスのバーミンガムに来ています。イギリスではロンドンにつぐ大都市、産業革命当時から工業の盛んな土地柄です。そのバーミンガムにあるバーミンガム大学は、John Owen博士率いる研究グループがfetal thymus organ cultureさらにはreaggregate thymus organ cultureを開発してきた大学で、胸腺研究にとっては歴史的にも重要なランドマークです。

IMG_20140728_165214

そのOwenグループを引き継いで、現在たいへん精力的に胸腺研究を牽引しているGraham Anderson博士とは、多層に亘る共同研究を含め、長く交流を重ねてきています。今回も、新たな驚きを含め実りある打合せと心豊かな交流が得られています。

IMG_20140728_144934

今回であったポークパイ、好き嫌いのわかれるものだそうですが、私にはたいへん美味でした。

IMG_20140726_155641

当ページは班員、班友を中心としたコミュニケーションサイトです。
記事の投稿、コメントは事前登録が必要です。
登録に関しては 領域代表者 までご連絡ください。