月別アーカイブ: 2014年1月

高浜洋介

 

高木淳一博士セミナー

 

計画班員の高木淳一博士を招いてセミナーを拝聴する機会を得た。長年に亘る氏の確固たるタンパク質構造研究の実績と新規技術の意欲的な開発を基盤に、アルツハイマー病の発症機構解明とその制御の可能性提示、とてもすばらしいセミナーであった。とりわけ、実験結果をもとに「考え抜いて」新しい可能性に「気づき」それを「実際に」本当かどうか「実験して」調べる、というスタンス(学者としての思考サイクル)に共感とともに感じ入った次第である。

 

当ページは班員、班友を中心としたコミュニケーションサイトです。
記事の投稿、コメントは事前登録が必要です。
登録に関しては 領域代表者 までご連絡ください。

高浜洋介

 

天竺鼠か学天即か

先日の日曜日に開催された第35回ABCお笑いグランプリをみた。キャリア10年以内の10組の出演者はいずれも、意気込みがストレートに伝わってくる熱演を披露した。そのなかで最後は、学天即か天竺鼠かのいずれかが優勝という構図になった。今回の10演目では妥当な選択だったと思う。

そのうえで、天竺鼠の優勝であった。審査員にとってなやましい選択であったに違いない。学天即はさぞや悔しかったであろう。しかし、この最終結果について、私は尤もだと思った。天竺鼠の今回の舞台は、いつもの奔放さが好もしく、それでいて、それをギリギリ破綻させなかったバランス感覚が高評価につながったと感じた。その一方で、学天即の舞台は、技術の提示が前面にですぎてしまっていた印象であった。

いずれにせよ、天竺鼠も学天即も、なかなかに意欲的な次世代の強者たち、頼もしい限りである。コンテンツを提示するプレゼン技術の側面ばかりでなく、第三者の琴線に触れることが(も)大切な学術そのものにも通じる、舞台芸のおもしろさ奥深さを楽しんだ午後であった。

天竺鼠おめでとう!

 

当ページは班員、班友を中心としたコミュニケーションサイトです。
記事の投稿、コメントは事前登録が必要です。
登録に関しては 領域代表者 までご連絡ください。

高浜洋介

 

高知大学

大学院セミナーの講師として、高知大学にお招きいただいた。高知は隣県であり時折でかけるが、今回はじめて鉄路で往復した。通りかかった大歩危峡は透明度抜群であった。列車の旅もいいものである。

IMG_20140128_134643

免疫学の宇高教授がオーガナイズしてくださり、皮膚科学の佐野教授や生物学の富永教授など、院生時代からの旧知の先生方を聴衆にまじえてのセミナー、ついつい長くなってしまった。それでも若い方達から活発に質問があり、豊かな考察をする機会が与えられた。

IMG_20140128_201321

セミナー後は、高知の名産に舌鼓をうちつつ交流を深めることができ何よりであった。写真は名物の藁焼きによる鰹のタタキ調理中。会食後はピアノとベースのある場所に移動して、佐野名人とのデュオ。難曲 Blue in Green、まだまだ真似事、ぜひまた挑戦してみたい。

ありがとうございました!

IMG_20140129_094234

当ページは班員、班友を中心としたコミュニケーションサイトです。
記事の投稿、コメントは事前登録が必要です。
登録に関しては 領域代表者 までご連絡ください。