高浜洋介

 

免疫ふしぎ未来2013に参加しました

 

昨日8月11日、東京の日本科学未来館で開催された「免疫ふしぎ未来2013」に参加しました。本研究領域を紹介するパネルを展示し、一般のひとたちを対象に本研究班の活動紹介を行いました。また、20分ほどのミニ講演をさせていただく機会を得、iPS医療への関心が高まり、ゲノム解読の進展が激しい現在、免疫システム研究の重要性がより鮮明になっているとの視点について語りました。小学生や中学生たち「次世代の免疫学者」と免疫システムのふしぎや免疫学のおもしろさについて話し合うこともできました。病気のない社会をつくりたいという、ひとりの中学生の情熱に心打たれました。

東京は最高気温が38度を超える炎天下、こんな日に外出するひとは少ないのではないかと懸念しておりましたが、終日大盛況。実行委員長の久保允人先生によれば、2200人を超えるひとたちが来場したとのことです。すてきな科学コミュニケーション活動に参加させていただき、ありがとうございました。

高浜洋介

免疫ふしぎ未来2013-1

 

当ページは班員、班友を中心としたコミュニケーションサイトです。
記事の投稿、コメントは事前登録が必要です。
登録に関しては 領域代表者 までご連絡ください。